リバウンドなんかさせないダイエット

XSLIM(エクスリム)のコンセプト

リバウンド体験者歓迎

日本人のダイエット経験者のうち、実に60%以上がリバウンドしていると言われています。
そしてダイエットしてリバウンドするのを繰り返していると、逆に太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

リバウンドの原因1:ホメオスタシス
ホメオスタシスは、体に少量のエネルギーしか入ってこない場合、エネルギー消費を減少させて体を維持する機能のことを言います。
つまり食事だけダイエットを行った場合、基礎代謝が落ち身体自体が省エネモードになってしまいます。この状況で食事を戻すと、エネルギー消費が以前より減少しているので、余分な脂肪が蓄積されることになります。
リバウンドの原因2:レプチンの量と満腹感
「レプチン」とは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。
ダイエット中に食事を減らしていると、レプチンの分泌量も減ります。レプチンの量が適正量に戻るためには、約1ヶ月必要となります。つまり、1ヶ月は食事の量を元に戻してもレプチンの量が少ないため満腹感を得られず、かえって食べ過ぎてしまうのです。

リバウンドを防ぐために上記のような身体の仕組みをきちんと理解し

  1. 食事コントロールだけでなく、筋肉トレーニングを通して基礎代謝量を落とさないこと(燃える身体にすること)
  2. ソフトランディングさせるためセッションが終わった後も、食事や運動への意識を徹底し習慣化することが大切です。

それこそがXSLIM(エクスリム)が考える「人生最後のダイエット®です。