ダイエット停滞期についてお話しします。

ダイエットコラム

体重が落ちなくなるのはなぜ

ダイエットを始めると最初の1-2週間は順調に体重が落ちていたのに、急に変化がなくなると焦ります。こうしたダイエット停滞期はダイエットを始めて約1ヶ月くらいの人に多いようです。そこで今回のダイエットコラムでは、ダイエット停滞期についてお話しします。

体重が落ちなくなる理由

筋肉量の増加

体重増加の原因のひとつは、運動による筋肉の増量での体重増が考えられます。順調に、ダイエットメニューが進められている結果とも考えられます。体脂肪は順調に減っているのに、運動をダイエットメニューに組み入れているため、筋肉が増えているため、体重が減らないのです。これは、体脂肪と筋肉の比重の差にカラクリがあります。同じ体積ならば、筋肉は脂肪の約1.2倍の重さがあります。同量の体脂肪と、同量の筋肉が入れ替わった場合、見た目は同じでも、一時的に体重は増えることになります。しかし、筋肉量が多くなると、基礎代謝でのカロリー消費が増えるため、結果的に脂肪の付きにくいカラダ作りができていることになります。リバウンド防止には非常に大切なことなのです。

ただし、ダイエットの運動で、無酸素運動だけの筋トレを行なっている場合は、ちょっと話が違ってきます。無酸素運動は筋肉をつけるための運動ですから、筋肉量は着実に増えていきます。特に腹筋や大腿四頭筋、後背筋辺りは、全身での筋肉量の比率が高いですから、体重に確実に反映されてきます。つまり、無酸素運動だけの筋トレは、体脂肪は減っていっても、筋肉の重量で相殺されるため、大幅な体重減少にはなりにくいといえます。

「体重を減らしたい」と思っている方は、ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動も取り入れて、上手に体重を減らしていきましょう。ウオーキングやジョギング等で使用する筋肉(遅筋)は、運動していけば機能はアップしていきますが、さほど太くなりません。また、体脂肪を良く燃やす為、体重も落ちます。そして、遅筋を鍛えると、普段の消費カロリー(基礎代謝)が増えるので、体重が増えにくくなりリバウンドの防止にはもってこいです。

ダイエットは、順調期と停滞期の繰り返しだと言われます。停滞期があるのはダイエットが順調な証拠です。停滞期は必ずあるものと考えて、あせらず、あきず、あきらめず、ゆったりとした気持ちで乗り切ります。 決められた期間内で体重を減らすことに執着しないのが、停滞期を乗り切るためのコツではないでしょうか。

ダイエットに取り組むあなたを一人にはしません。
人生最後のダイエット®をXSLIM(エクスリム)と共に。

ダイエットコラム バックナンバー

  1. エクスリム オフィシャルブログ

    最近の記事

    もし、セルライトが出来てしまったら・・・
    2018-12-12
    スリムに見えるだけのぽっちゃり体型
    2018-12-11
    痩せたい方はぜひご相談ください(^^)
    2018-12-10
    国民の健康を守る資格!?
    2018-12-09
    メタボが気になる方へ
    2018-12-08