最も怖いのがリバウンド

ダイエットコラム

単品(置き換え)ダイエットの危険性

糖質制限ダイエットと共にで単品(置き換え)ダイエットもよく耳にします。続ければ確かに痩せるには痩せますが、残念ながらカラダに必要な栄養分が全く足りていません。そして、何より最も怖いのがリバウンドです。

単品ダイエットの対象にするものは、それ自体は身体にとって害になるものではありません。例えば、ついこの間流行ったバナナなどは、便秘解消に効果の高い食物繊維や、むくみを解消するカリウム、イライラ解消のイライラ解消のセロトニンなど、女性にうれしい成分がたくさん含まれています。

バナナ(1本120g):86kcal

タンパク質:1.1g 脂質:0.2g 炭水化物:22.5g 塩分(ナトリウム):0g カリウム:360mg カルシウム:6g 鉄:0.3mg コレステロール0mg 食物繊維:1.1g

これは「五訂日本食品標準成分表」というものから、バナナの成分値を抜き出したものです。管理栄養士の方は、このように、食品に入っている成分を見ながら、いろんな食材を組み合わせ、バランスよく献立を作成していくわけです。

まずみなさんもよくご存知のダイエットの味方であるタンパク質の場合は、厚生労働省の指導によると、タンパク質は1日体重1kgあたり、最低1g必要といわれています。つまり体重50kgの人なら、50g必要な計算になります。しかし、バナナだけ食べていては、上記のようにタンパク質は1.1gしか摂れません。1日バナナ1本だけで済ます人はいませんから、こんな極端な話にはなりませんが、50g摂るためには、45本ほどのバナナを食べなければいけない計算になり、まず不可能だと思えます。単品ダイエットだと、このように身体にとって絶対に必要だけれども、足りないものが出てくるわけです。

単品ダイエット(食事制限)のリスク! 食べずに我慢すると…

人間の体にはホメオスタシス(恒常性)が備わっています。これは体の自動調節機能で、本人の意識とは関係なく働いています。体の外側の環境に対して、体温・血圧・血糖値などを一定の範囲内に保ち、健康を維持しているのです。山などで遭難した人が、何週間もポケットの飴と雨水だけでしのいで、生還したという話を耳にしたことがあると思います。これは、少ない食事量でも生きていけるように、摂取したエネルギーを体に蓄え、そして消費するエネルギーを最小限に節約するという、ホメオスタシス(恒常性)の働きの良い例なのです。

一品(置き換え)ダイエットのように極端な食事制限をはじめると、体が危機感を感じ、体は次いつ得られるか知れない栄養を貯めこもうと、このホメオスタシス(恒常性)のスイッチをONにします。単品ダイエットも、飽きずに続いている間はいいのですが、同じものを食べていると、見るのも嫌になってくる時がきます。そして普通の食事に戻したとき、恐怖が待ち受けています。

ホメオスタシス(恒常性)のスイッチがどういうわけかOFFにならないのです。そしてどんどんと、食べたものを脂肪に変え、体にどんどんと貯めこんでいきます。これがリバウンドなのです。自ら太る体質に変えてしまったわけです。

ダイエットに取り組むあなたを一人にはしません。
人生最後のダイエット®をXSLIM(エクスリム)と共に。

ダイエットコラム バックナンバー

  1. エクスリム オフィシャルブログ

    最近の記事

    もし、セルライトが出来てしまったら・・・
    2018-12-12
    スリムに見えるだけのぽっちゃり体型
    2018-12-11
    痩せたい方はぜひご相談ください(^^)
    2018-12-10
    国民の健康を守る資格!?
    2018-12-09
    メタボが気になる方へ
    2018-12-08