プロテインの特徴をしっかりと理解

ダイエットコラム

筋トレの味方「プロテイン」比較

効果的に筋トレを行う上で欠かすことができないのがプロテインです。といっても出回っているプロテインは原料も様々で何を購入すればいいのか分かりにくいのも事実です。そこで今回は、ポピュラーなソイ(大豆)とホエイ(牛乳)に絞りそれぞれの特徴をお話ししたいと思います。

プロテインの主成分

プロテインには、牛乳や卵を原材料とした動物性プロテインと、大豆などを原材料とした植物性プロテインの大きく分けて2種類があります。どちらも同じタンパク質であることには違いありませんが、吸収特性の違いから目的に応じて使い分けることが出来ます。

種類 名称 原料 吸収 特徴 目的
植物性 ソイ 大豆 緩やか タンパク質以外の栄養価が高い インナーマッスル
タンパク質不足解消
動物性 ホエイ 牛乳 早い 筋肉肥大に効果大 アウターマッスル

ソイ(大豆)プロテイン

体の内側から引き締めたい方は、吸収が緩やかで持続的な栄養補給が期待でき抗酸化物質なども含まれるソイプロテインがオススメです。吸収が緩やかなため、毎日の食事に組み込むことで、持続的なタンパク質合成が期待できます。通常のプロテイン製品は、高タンパク質低脂質ですので、特に体重の気になる方は、一日のうち一食をソイプロテインに置き換えるなどして生活に取り入れてみましょう。もともと大豆由来であるソイプロテインは、他のプロテインに比べると、含有されているアミノ酸のバランスにおいて少々劣る部分があります。タンパク質合成においては、アミノ酸をバランスよく摂取することがキーポイントですので、ソイプロテインを選ぶ際には、その弱点をしっかり補っている製品、つまり、アミノ酸スコアやプロテインスコアが100であるものを選ぶと良いでしょう。

ホエイ(乳清)プロテイン

「見せる筋肉」を望む方には、ホエイプロテインがオススメです。吸収率に優れていますので、トレーニング後20分以内のゴールデンタイムに摂取することで、よりよい効果も期待されます。また、ホエイは乳清由来のタンパク質ですので、アミノ酸バランスも良いものになっています。そして、筋肉において重要となるアミノ酸であるBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)が比較的豊富に含まれているので、いわゆるマッチョ体型を望む方には必須のアイテムです。注意点としては、ホエイプロテインを生活に取り入れるのであれば、運動が必須になります。摂取するだけで筋肉がつくと思う方も多いようですが、トレーニングをしなければ、ただの贅肉にしかなりません。

いかがだったでしょうか。それぞれの特徴をしっかりと理解して日々のトレーニングに活用いただければと思います。プライベートジムXSLIM(エクスリム)では、できる限り自然由来かつ国産原料を使ったオリジナルのホエイプロテインをご提供しております。

プロテインをうまく活用して、人生最後のダイエット®を実現させましょう。

ダイエットに取り組むあなたを一人にはしません。
人生最後のダイエット®をXSLIM(エクスリム)と共に。

ダイエットコラム バックナンバー

  1. エクスリム オフィシャルブログ

    最近の記事

    もし、セルライトが出来てしまったら・・・
    2018-12-12
    スリムに見えるだけのぽっちゃり体型
    2018-12-11
    痩せたい方はぜひご相談ください(^^)
    2018-12-10
    国民の健康を守る資格!?
    2018-12-09
    メタボが気になる方へ
    2018-12-08