「睡眠不足は太る!」ということを聞いたことはおありでしょうか?

ダイエットコラム

睡眠時間とダイエット(レプチン)

「睡眠不足は太る!」ということを聞いたことはおありでしょうか?今回は睡眠とダイエットの関係をお話しします。

睡眠不足だとホントに太るのか?

アメリカの研究ですが、7~9時間眠る人に比べると、4時間以下しか眠らない人は、なんと73%も肥満になりやすいという発表がありました。ちなみに5時間程度でも50%、6時間でも23%それぞれ太りやすいという結果でした。(コロンビア大、対象1万8000人、32~59歳)原因としては、起きていることによる消費カロリー以上に、つい食べてしまうことが多いのが太る原因ではないかという推論です。

レプチン=食欲抑制ホルモン

レプチンやグレリンという物質をご存知ですか?レプチンは食欲を抑制する働きがあるホルモンといわれています。主に脳の視床下部の満腹中枢に働いて『お腹いっぱい!』という感覚を起こさせると言われています。逆に、グレリンは食欲を亢進する働きがあるといわれています。

睡眠不足だとグレリンが増えてレプチンが減る!

『睡眠時間が減ると食欲抑制物質レプチンが減って食欲亢進物質グレリンが増えるからではないか』という内容発表がありました。スタンフォード大の発表で、5時間眠る人は8時間眠る人に比べて、血中の食欲刺激物質グレリンが14.9%も多く、食欲抑制物質レプチンの量は15.5%も少ないことがわかりました。コレはちなみに性別、食事習慣にも全く関係がないほどはっきりした差だったそうです。(対象約1000人、30~60歳)また睡眠時間8時間未満の人に限る(全体の75%)と、睡眠時間が短いほど肥満度がアップしてしまうそうです。

リバウンドの原因?

さらにダイエット中に食事を減らしていると、レプチンの分泌量も減ってきます。そしてダイエットを中断し食事の量を元に戻した場合、レプチンの量も変化するのですが、これが適正量に戻るためには、約1ヶ月の時間がかかるといわれています。無理な食事制限によるダイエットをしてしまうと、すぐにリバウンドする理由の一つが、このレプチンなのです。

ダイエットに取り組むあなたを一人にはしません。
人生最後のダイエット®をXSLIM(エクスリム)と共に。

ダイエットコラム バックナンバー

  1. エクスリム オフィシャルブログ

    最近の記事

    もし、セルライトが出来てしまったら・・・
    2018-12-12
    スリムに見えるだけのぽっちゃり体型
    2018-12-11
    痩せたい方はぜひご相談ください(^^)
    2018-12-10
    国民の健康を守る資格!?
    2018-12-09
    メタボが気になる方へ
    2018-12-08